むくみ解消

腸もみダイエットは便秘解消とむくみを改善します。
冷えや血行不良などの原因から、体に余分な水分や塩分が溜まるとむくみができます。

 

立ち仕事や飲み過ぎた翌日は、足や顔がむくんで靴がきつく感じたり、頬やあごがいつもより腫れたようになります。むくみはそのまま放置しておくと美容は当然健康にもよくありません。

 

そのため、むくみを解消するために、腸もみダイエットを行うと、リンパの流れがよくなり、全身のむくみがとれてきます。

 

そのほか血流が改善することにから冷え性に効果があったり、リンパの流れが促進されることにより免疫力が高まると効果があるとされています。

 

小腸には多くのリンパ節があり、むくみ改善には、マッサージが有効となります。
小腸のもみ方を説明しましょう。

 

あお向けに寝ておへそから3センチ上に両手をあてます。
おへそを中心に、6箇所を時計回りにマッサージします。

 

固くなっている腸の部分をもむと腸がほぐれ、下垂していた内臓の位置が正常化します。
お腹回りがすっきりしてくるので、ダイエット効果もあります。

 

特にむくみがある場合は、おへその真上の所から左上、左下、真下、右上、右下と時計回りに押します。

 

腸もみダイエットは、便秘だけでなく、尿の出がよくなるため、体内の老廃物を排出し、代謝がよくなり、すっきりした体型になれるでしょう。

腸もみダイエットで美肌効果?

腸もみダイエットは、お腹をマッサージすることにより便秘を解消して、スリムな体型と肌をきれいにすることで評判が高いダイエット法です。

 

素肌をきれいにするには、腸を活性化することにより、体の老廃物や毒素を体内から出し、腸の働きをよくして、肌の老化や吹き出物等のトラブルなどを解決しなければなりません。

 

腸もみダイエットで、腸を活性化して、ハリと透明感のある若々しいお肌を取り戻しましょう。
また、腸内環境にも気をつけましょう。

 

人や動物の腸内には、たくさんの腸内細菌が住んでおり、大きく、善玉菌と悪玉菌に分けら、正しいバランスで腸内で共生しています。

 

腸内に悪玉菌が増加は、便秘や肥満をよび、美容に必要なビタミンB郡の生成に関わる善玉菌の不足は脂肪が燃えにくい体質を作ります。

 

腸もみダイエットは、善玉菌を増やし、腸内環境を整え、健康的でハリのある肌へとなります。
腸もみダイエットを行い、痩せた体型と素肌のきれいさを持てるようにしましょう。